2011年 3月

今日は名刺箱にいれる活版印刷PR名刺の紹介です。

今、都会では活版印刷が再び注目を浴びているようです。

これは活字を使った印刷がどんどん廃れていき、オフセットでの大量で安価な印刷が主流となってきている

今の日本の印刷業界に逆流することです。

火付け役は、印刷会社の2代目や3代目かもしれません。

機械はあっても使われない・・・でも味深い印刷ができる。

しかしながら、大量の印刷をするには時間がかかるし、活字をひろうのは大変な作業。

小ロットで、凸版印刷らしさをだした印刷を高い値段で売るにはどうしたらいいのか・・・

それがデザイナーとのコラボとか、ちょっと凹凸のある印刷につながっていったのでしょう。

弊社でも、活版印刷機が現役なので名刺や封筒、挨拶状は未だに凸版印刷です!!

都会では凸版印刷が注目されているみたいだと社内に報告したときも

「分らん・・・」と言われっぱなし。

でもでも、やっぱり良いんですラブラブ

今日はデザイナーさんにたのんでデザインしてもらった活版印刷機械のPR名刺を

印刷してもらいましたチョキ
活版印刷で生活にビタミン!

縦型はこんな感じ。手書きのイラストが素敵です音譜
活版印刷で生活にビタミン!

横書きはこんな感じ、紙を変えたのでかなりモコモコデコボコ~アップ

ウエディングのペーパーアイテムなどにも使えそうですヾ(@°▽°@)ノ

職場でチェーンメールの話題がでました。

節電は大切だけど、チェーンメールってどうなん?

どういう仕組みになっているのか分りませんが、心があるようなないような。

結果、節電しましょう。でもチェーンメールはダメですよ!ってことでしょうか。

私たち、西日本の人間には地震や津波があっても何もできない・・・(寄付の願うのみ)

でもその心を利用して何か悪いことをたくらんでいる人がいるならとても悲しいことだと思います。

来月あたりで大判焼き屋さんをオープンするお客さまからのご依頼で撮影をしましたカメラ
活版印刷で生活にビタミン!

ここの大判焼きの売りはちょい足し目
ふつう大判焼きにからしなんて付けませんよね~。

その他にも塩やマーガリンやメープルシロップなんかもちょい足せますにひひ

生地にははちみつと米粉が練りこまれています。

あんこもメイプルが入っている、こだわりの大判焼き屋さん。

ホッコリ粒あんのブラウン、クリーミーな白こし餡のアイボリー、パンケーキのようなプレーン(餡なし)の

3種類音譜

ぜひご賞味あれ~。

倉敷市二子357-4アイボリックモーメント横

蜂蜜入焼饅頭Brawnさんですラブラブ

来週くらいから、試運転?されるそうなので、お試し大判焼きがもらえるかもラブラブ!

土曜日に手動式活版印刷機(テキンちゃん)の解体をしてもらいました。

私は子守りの仕事をしていたので、会社の若い男子に頼みました!

テキンちゃんは結構重たいので、何をするにも力が要りますしょぼん

体力のある若い男の子が手伝ってくれると助かります。

ネジのことや機械のことについて詳しいと「男らし~」って感じますねぇ目

今日はそのネジ(ボルト?)をサビ取り液につけて磨くチマチマした作業をしています。

活版印刷で生活にビタミン!

サビが浮いてきます…

活版印刷で生活にビタミン!

こんな感じで作業しています。

緑の液がサビ取り液、ピンセットでつかみ、ウエスで磨く。

青のスポンジでサビを取る。

じみ~な作業です。

今ローラーを張替に出しています。

届くまで、1か月以上かかるようです。

印刷機の修理の専門の方に見てもらってテキンちゃんをちゃんと使えるようにしてもらいたいですp(^-^)q