あなたの・・・エコ活動

あなたの鶏助?
   

鶏肋とは鶏の肋骨のことで、そのまま食べても腹の足しになるほどの肉は無いが出汁をとるには使えるという意味で「大して役に立たないが、捨てるには惜しいもののこと」を言います。

三国志の中で魏の曹操が蜀の劉備と漢中郡をめぐって戦った時、曹操が食事をしながら「鶏肋」とつぶやいたのを聞いた部下の楊修は『鶏のあばら骨は出汁にはなるが食べるほどの肉が無い。つまり漢中郡は惜しいけれど、この際は撤退するつもりであろう』と解釈して兵を撤退させる準備を始めたという逸話に基づく故事成語です。

「何か使えるかも・・・・」と思って保存しているけど結局ゴミになっているもの、あなたにとって鶏肋とは?

包装紙、紙袋、きれいな写真や絵の付いたカレンダーや絵葉書、最後まで使い切っていない子どもの学習ノートなど紙に関するものでしたら何とか工夫してリフォームしてみませんか?
包装紙なら封筒や折り紙に、ノートならメモ帳に、絵葉書は手作りの額縁を作って飾ったり、カレンダーなら小箱に・・・・・
それでは生活ビタミン隊が鶏助を使ってリフォームしたアイテムを紹介したいと思います。

使わなくなったノートこのノートに見覚えのある方は多いのではないでしょうか?最後まで使い切れず学年が終わってしまい捨てるに捨てれないまま倉庫に眠っている・・・
中途半端に残った白紙ページだけをメモ用紙にしてみます。
可愛い表紙のノートや思い出に残るページは保存用に残しておきます。

要らなくなったノートをメモ帳に 左の写真は上のノートの白紙ページを4分の1の大きさに断裁長辺に糊付けをして横開きのメモ用紙の加工を施した物です。もちろん短辺に糊付けして縦開きにもできます。このままでも再利用としては充分に使えるメモ用紙なのですが・・・
 このままでは面白くない!面白いことが好きなビタミン隊は更に手を加えてみました☆

 右の画像は表紙を付けた上のメモ用紙です。お花の柄物もは布のはぎれです。その他のものはノートの表紙を使い背表紙部分には製本テープを貼ったり、表紙の絵柄に合わせてシールにお絵かきをして貼ったオリジナルメモ帳です。メモ用紙は剥がして利用できますのでなくなり次第また補充すれば専用メモ用紙カバーとして活用できるアイテムです。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする